資料検索の方法

条件の指定

表記形(漢字かな混じり)と、ヨミ(カタカナ)の両方から検索ができます。
条件が複数ならば、「AND」(〜かつ〜) か 「OR」(〜または〜)を指定してください。

  • 例えば、著者が『赤川次郎』の本を探したいとき。

    左枠で「著者」を選択し、中央の枠に『赤川次郎』あるいは『アカガワジロウ』と入力して、
    右枠で「一致する」を指定し、検索ボタンを押してください。

  • 例えば、書名に 『トウゲイ』 か 『ヤキモノ』 のいずれかが含まれる本を探したいとき。

    左枠で「タイトル」を選択し、中央の枠に『トウゲイ』と入力して、右枠で「を含む」を指定します。
    次の行の左枠も「タイトル」を選択して、『ヤキモノ』「を含む」とし、
    条件を「OR」で結んで、検索ボタンを押してください。

  • 同じように 『著者名』『出版社』『件名(〜についての資料)』『キーワード』『NDC』などの条件も使えます。

  • 『ISBN』は単独での検索項目です。他の条件とかけあわせをすることはできません。

  • 絞り込み項目では、出版年や利用対象、資料形態、所蔵館で絞り込むことができます。

    出版年 ―― 左右両方に入力すると範囲指定となります。
             左だけだと「〜以降」を、右だけだと「〜以前」を指定したことになります。

    資料形態 ―― 検索したい資料の形態をプルダウンから選択します。
              何も指定しない場合は、全ての資料が対象となります。

    利用対象 ―― 「大人向けの本」のみ、「子供向けの本」のみを探したい場合に、
              プルダウンから選択します。
              何も指定しない場合は、全ての資料が対象となります。


英語資料を検索する場合の入力について

タイトル・著者名等は、全角の英字を入力してください。


外国人の名前(著者)で検索する場合の入力について

著者名は性、名、ミドルネーム の順で登録されています。

  • 例えば、著者が『ジョン・レノン』 の資料を検索したいとき。

    「著者」の枠に『レノン ジョン』と ゛ レノン "と゛ ジョン"の間にスペースを入れるか、『レノンジョン』と続けて入力します。

  • 例えば、著者が『リッキー・リー・ジョーンズ』の資料を検索したいとき。

    「著者」の枠に『ジョーンズ リッキー リー』と゛ジョーンズ"と゛リッキー"と゛リー"の間にスペースを入れるか、『ジョーンズリッキーリー』と続けて入力します。

 

カタカナ(ヨミ)で検索する場合の入力について

  • 「ヂ」「ヅ」 は 「ジ」「ズ」でも探せます。

        ちかぢか → チカヂカ または チカジカ
        かなづかい → カナヅカイ または カナズカイ

  • 「ヴァ」「ヴェ」 は 「バ」「ベ」でも探せます。

        ヴァーネット ←→ バーネット
        ヴェートーベン ←→ ベートーヴェン

  • 拗音を表わす「ャ」「ュ」「ョ」 は「ヤ」「ユ」「ヨ」と大文字でも探せます。

        著者 ―→ チョシャ または チヨシヤ

  • 促音を表わす「ッ」 は 「ツ」と大文字でも探せます。

        雑誌 ―→ ザッシ または ザツシ

  • 長音でオ列のものは 「ウ」にしてください。

        王様 ―→ オウサマ
        労働法 ―→ ロウドウホウ

  • アルファベットは、原則として下記のように読みます。

        A:エイ  B:ビー  C:シー  D:ディー  E:イー  F:エフ  G:ジー
        H:エイチ  I:アイ  J:ジェイ  K:ケイ  L:エル  M:エム
        N:エヌ  O:オー  P:ピー  Q:キュー  R:アール  S:エス
        T:ティー  U:ユー  V:ヴイ  W:ダブリュー  X:エックス  Y:ワイ  Z:ゼット

  • 数字は、原則として不自然でない限り、下記のように読みます。

        一:イチ  二:ニ    三:サン  四:ヨン   五:ゴ
        六:ロク  七:ナナ  八:ハチ  九:キュウ 十:ジュウ  零:レイ

  • カナ検索でうまく見つからない場合は、漢字検索も試みてください。

用語の解説

  • ISBN

      「国際標準図書番号」 のこと。
      図書の識別のために、国際規格として与えられる番号です。
      国内で出版された図書は、日本を示す4で始まる、ハイフン付10桁の数字となります。

  • NDC

      「日本十進分類法」 のこと。
      国内の図書館で最も一般的に使われている、階層構造の資料分類法です。
      類(10区分)−綱(100区分)−目(1000区分)と、細分化された数字で表現されます。


トップページへ戻る